ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

パトリック・テリアンシェフとのスペシャルワイン会レポート

先月、10月1日から10月10日まで、ビストロ・ダ・アンジュでは、毎年恒例となっております、
パトリック・テリアン シェフを招いての特別料理フェアを行っておりました。

とってもハードな10日間ではありましたが、本当に楽しく、
貴重な時間だと毎年のことながら感じています。

もちろん来て頂くお客様に、よりフランスを感じて頂き、楽しんでもらうのが一番の目的ですが、
その為には、やはり私自身がフランスを知る事、
フランスの精神、魂、いわゆる"エスプリ"を持つこと。

フランス人のシェフと、短い時間ではありますが一緒に過ごし、クラッシックなもの、今のもの、を
見たり聞いたりする事は、とても大事だと考えています。


そして今年は、初の試みで、シェフとのワイン会も開催させて頂きました。

シェフからは来日前にメニューを頂いており、それに合わせたワインを選ぶのも、
お客様の顔を思い浮かべたり、シェフとのストーリーを考えたりで、楽しい時間を過ごしました。

まず乾杯は、やはりシャンパンです。という事で、ビストロ・ダ・アンジュが日本で初めて、お出しした
思い入れ深い、"ルネ・ジョリー ブラン・ド・ノワール"
今回はスペシャルワイン会なので、マグナムボトルを。





このシャンパンに合わせて、シェフが急遽アミューズを作ってくれました。
「小海老とお野菜が入ったグレープフルーツのジュレ」

まろやかで、しっかりとしたボディと果実味のバランスの良いシャンパン。
この後のお料理とワインに期待を膨らませてくれる組み合わせでした。





豚足、豚舌、豚耳を数時間煮込み、その旨味とコラーゲンを型に入れて冷やし固めた、
「フロマージュ・ド・テッド」 ゼリー寄せのテリーヌ。このフランスのクラッシック料理に
粒マスタードやハーブをたくさん入れたシェフのオリジナル。
合わせるのは、シェフの出身地である、ロワール地方の"トゥーレーヌ・ソーヴィニヨン"
ロワールのソーヴィニヨン・ブランは酸が活き活きしているのが特徴。
しかし、この時は温度を少し高めに、酸をまろやかに、
そしてハーブやパッションフルーツの香りとともに、とても味わい深いマリアージュとなりました。





「帆立のミ・キュイとモリーユ茸と鶏のブイヨンのシフォン」
茸の旨味と鶏のだしに、クリームを加えたコクと旨味たっぷりのソース。
ここはシェフの大好きな、お気に入りのワイン、リッチでクリーミー、
樽の香りが豊かで、果実味とのバランスもとっても良い、南仏のシャルドネ
クリーム系のソースとボリュームのあるシャルドネは王道ですよ。

シェフはよくこのワインを、つまみ飲みしては、こちらをチラッと見てイタズラッ子の様な顔をして
ウィンクをしてきます。 ダメですよ!!ちゃんと見てますよ!! ほんと、お茶目なシェフです。

 


 



メインは、鴨を一羽丸ごとローストして、シェフ自ら皆様の前でさばいて頂きました。
スパイスやハーブをお腹に詰めて、蜂蜜を塗ってローストしてあります。
このお料理にはコート・デュ・ローヌの"ジゴンダス"と。グルナッシュ主体で、パワフルかつ濃厚、
余韻も非常に長く、料理とワインを合わせるのがおもしろいと思わせる組み合わせです。

そして、もう一本。この料理に合わせたワインをフランスから持ってきてくれる様、
以前から頼んでおりました。

前日に打ち合わせをしてましたら、「一本持って来たよ〜」って、
「えっ!!お客様30名来られるんですけどっ・・・!!」 初日にして最大のピンチ!!

3本とお願いしたはずが、どこをどうなって1本になってしまったのか??言葉の壁は厚いと痛感!!
やっぱり、シェフが選んでフランスから持って来てくれた事に意味があるわけですから、
何か代わりを、という訳にはいきません。

そしたらシェフが「同じワインを日本にいる友達にプレゼントしたから、
それを持って来てもらうよ」と言ってくれました。
もう、そのお友達には感謝の言葉しかありませんでした。


そしてこの"シャトー・ド・トゥール" 
ローヌのワインで、こちらもグルナッシュ主体でもちろん赤ワインなのに、
グレープフルーツの爽やかな香りがするのです。それで一度驚き、
爽やかな香りに味を想像しながら口に含んでみると、
果実味のあるボリューム感と、しっかりとしたタンニン、「何!!このワイン!!」
二度驚いた私はシェフに脱帽。それを飲んだお客様の反応は言うまでもありません。


ワインってやっぱりおもしろい。飲めば飲むほど知らない世界が見えてくる。
そしてこんなにも人を感動させてくれるものなんだと、
そして、その中にはシェフの人柄もつまっているんだと、しみじみと感じました。

本格的なフランス料理をお出しする
ビストロ・ダ・アンジュへようこそ
皆さんが楽しい時間を過ごせるよう
私たちはお手伝いいたします。

さぁ、召し上がれ そして乾杯!!

パトリック・テリアン

 

シェフが言うように、益々皆さんに楽しい時間を過ごして頂けるよう、
フランスの文化である料理やワイン、
そしてエスプリを持てるように日々精進したいと思います。
今後ともよろしくお願い致します。

ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン

少し気が早いですが・・・

日々過ごしやすくなり、季節の移り変わりを肌で感じたり、
自然や食材なんかもすっかり秋を思わせてくれ
実りの秋、その豊かさに心躍らされています。

 
先日、大阪のワイナリーに畑の見学に行きましたら、
ちょうど収穫前の完熟したブドウを"ぶどう狩り"さながら
試食させて頂きました。

マスカットベリーA、甲州、と日本の固有品種に加え、メルローなどの国際品種も頂きました。
完熟したワイン用のブドウを食べたのは初めてで、
生食用かと思うほど(生食、加工用兼用品種もあります)
甘く美味しく豊潤で、ブドウをもぎ取るその手が止まりませんでした。

ブドウも収穫期を迎えて、
早いところでは新酒がどんどん出荷されています。
このワイナリーさんも、デラウェアから造られた新酒が
すでに出来上がっており

早速試飲させて頂きました。


少し気が早いですが、11月には、ボジョレーヌーボーが解禁されますね。
これは皆様もご存知、フランス、ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で、
ガメイ種というブドウから造られる新酒です。

このフレッシュなワインは、もともと地元の住民が楽しく飲むような「地酒」だったのが、
解禁日を決めて発売される事になったのを期に、パリのレストランで大ブームになります。
それから、陸路や空路が発達し、その味わいは世界中に知られることになります。



もともと、この解禁日11月11日は聖マルタンの日だったのですが、
無名戦士の日に変更された為、
違う聖人の日、11月15日に移しました。
しかし、日を固定してしまうと、ワイン屋や運搬業者の休みである
土曜、日曜にあたってしまう年もあり、

それでは売れ行きに影響が出るということで、
(飲む側にとっても日がずれないのは、とても都合のいいことです。)
今の11月の第3木曜日に設定されたのです。

この解禁日を決めたというボジョレーの造り手さんの戦略はすごいなぁと感心させられます。

「初物」に敏感な日本人、そして時差の関係で、世界一早くボジョレーが飲める国となれば
絶対に飛びつくじゃぁないですか!!
(実際にボジョレーヌーボーの約25%が日本に輸出されています。)

赤い果実の風味がとても飲みやすくて、ワインをあまり飲めない人たちも、
美味しいと思えるような味わい。
ワインがまだまだ日常的ではない日本で、
ボジョレーヌーボーが広く受け入れられるようになったのも、
飲み易さ、味わいというのが大きく影響しているんだと思います。

ボジョレー・ヌーボーは、
「マセラシオンカルボニック」
という製法で造られるのも、ひとつの特徴です。

ブドウを破砕せず、
ぶどう自身の重みで自然に潰され、
発酵が始まります。

この製法で造ったワインは、色は濃いが、
渋み苦味が 少なく、味わいのまろやかな、
フレッシュなワインに仕上がります。



「今年は当たり年だ!!」なんて耳にしますが、11月17日まで、
誰も味見が出来ないのでわかりません!
とにかく毎年買って、飲んで、「あーだこーだ」言うのです。それも楽しみの一つなんです。

そして、今年のブドウの出来に、実りの秋に感謝しましょう。
日本の家庭料理にも合わせやすいワインです。揚げ物や、魚介の練り物、
11月なら、おでんをつつきながら、秋の風物詩の一つとして、なんてのもおつですね。


皆でワイワイ言いながら、気楽に飲めることこそボジョレーヌーボーの楽しさ!!
難しい事は考えず、 「今年のボジョレーは10年に一度の〜〜!?」
「えっ、100年に一度ぉ〜〜!?」
なんて、キャッチコピーを見ながら解禁日を楽しみましょ!!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン

さぁ、がんばれ日本!!

熱い闘いも終わり、秋の気配を感じる日も多くなって、
近所の小学校にも子供たちの元気な声が戻ってくると、
あぁ、夏も終わりだなぁと、少しセンチメンタルになります。

オリンピックロスなどと言う言葉がありますが、
あの、白熱した数々の試合の余韻に未だに浸っております。

泣き虫少女だった選手も、立派な選手、
素敵な大人の女性になったなぁと、
母の様な気持ちで涙しましたし、

日本の伝統、お家芸の復活の為、そして連覇を目指す為、
努力を惜しまなかった選手達に
たくさんの勇気と感動をもらいました。

本当に、日本人の活躍には目を見張るものがあり、
にわかオリンピックファンの私も興奮しっぱなしでした。

しかし頑張っているのはスポーツ選手だけではありません。
そう、"日本のワイン" も頑張っていますよ!!


先日、近所の行きつけの酒屋さんに行くと、
「最近、日本のワインが良く売れるんですよ〜。
昨日も色んな造り手のワインを7本買ってくれたお客様がいらしたし、
今日も、4本買ってくれた人がいたんですよ〜。」 と話していました。

「日本もワイナリーが沢山出来てきましたし、美味しいのもいっぱいありますし、
少し前に比べると、随分と日本ワインも普及してきましたね〜。」
なんて会話で盛り上がっておりました。

今や北は北海道から、南は九州まで、
200以上のワイナリーが点在しています。

九州などは亜熱帯地域で、
ワイン造りは無理だろうと言われていましたが、
ヨーロッパのワイン造りにとらわれず、
自由な発想と手段で素晴らしいワインを造り出しています。




日本人が最初にワインを飲んだのは縄文時代じゃなかろうかと、
色々な遺跡から考えられていましたが
ヨーロッパとは違い、水の事情が良かった日本に
(ヨーロッパでは殺菌の為、ワインが飲まれた時代があった。)
手間暇掛かるワイン造りが、
果たして行われていたのだろうか、と言う説があります。

次に、今から500年前、安室桃山時代、
フランシスコ・ザビエルが
手土産に持ってきたと言うお話で、


豊臣の家臣や、堺の商人が好んで飲んでいたと言う説。
この時は、アルコール度数の高い
ポートワイン(甘口の赤ワイン)のようなものだったとか。
しかし、鎖国政策などにより、その文化も根付きませんでした。



本格的にワイン造りを行うようになったのは、
明治時代なってから。政府がワイン造りを奨励しました。

アメリカからブドウの苗木を輸入し、
成功の目途が立つまで5年の歳月がかかっています。

しかし、一部の苗木にフィロキセラが付着していて
廃園になったワイナリーや、
ヨーロッパから持ち帰った栽培技術や醸造技術も、
雨の多い日本では適応しにくかったりと
順風満帆には行きませんでした。

そして何より日本人の食生活にワインが合わなかったというのが
文化が根付かない理由の一つだったのかもしれません。

そこで登場したのが "赤玉ポートワイン"。  
私の記憶に残っているのは "赤玉パンチ"!!

まだ子供だったので味は分かりませんが、あの日の丸を思わせるラベルは、
日本ワインの夜明けを願っていたのだろうか、と想像してしまいます。
朝ドラでも太陽ワインと言って、
懐かしいポスターの再現と共に話題になりましたよね。





東京オリンピックや万博など、異文化が入る機会が増え、社会現象を背景に
ワインの生産、消費も益々増加していきます。






日本固有品種といえる「甲州」や
「マスカット・ベリーA」は国際ブドウ・ワイン機構にも登録されましたし、

国際品種である、「シャルドネ」や「メルロー」など、
幅広い品種からワイン造りが行われ、
海外のコンクールでも毎年のように受賞しています。

国内でも、海外から審査員を招いて、日本ワインコンクールが行われていて、
年々、品質が向上していると言われています。

甲州は
薄い紫色が付いています。

 

一昔前は、ワイン用のブドウ(加工用ブドウ)を
栽培する農家さんも、それがどの様なワインになるのか
想像出来なかったのが、今ではどの様なブドウを作れば、
美味しいワインが出来るのかというのを
意識しながら作っておられます。

そして何より、私達が日本ワインをたくさん飲む事によって、
更に美味しいものを、上質なものをと、
モチベーションを上げて頂く事に繋がるんじゃないかと思います。


競技を終えた選手は、家族や、
応援してくれた方々に元気をもらったと言われます。

だから私達も、もっともっと応援して日本のワインを盛り上げましょう!!
そしたら、日本のワインも
世界で金メダルをとってくれる日が近い将来くるかもしれません。

さぁ、夏が去ると大粒の収穫ですよ。
また新しいワインができ、
そして皆様が益々美味しいワインに出会えますように!!


今月も最後はこの言葉で・・・    がんばれ日本!!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン
| 1/25PAGES | >>