ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

フランス訪問記 〜シャンパーニュ編〜

雲ひとつない青空と、賑やかな蝉の声に、夏本番を感じるこの頃 皆様いかがお過ごしでしょうか?
外の蒸し暑さと、クーラーでの冷えの差でお疲れは出ていませんか?

そんな夏真っ盛りの7月中旬、外は35℃という猛暑に、お店のエアコンもビックリしたのか
ぶっ壊れてしまうという大惨事が起こりました。
「今日クーラーのきき悪いなぁ・・・」なんて最初は言ってましたが、「いや、何かおかしいで・・・」となり、
電気屋さんに来てもらうと、「つぶれてますねぇ。」って!!
週末でお店はご予約で満席!すぐに修理できるってこともなく、冷風機やら扇風機を買いに行ったり、
おしぼりを冷凍庫に入れたり、とりあえずの応急処置はするものの、この暑さはしのげません!

暑い中、お食事をして頂いているお客様には本当に申し訳なく思っていますと、
「暑いのに大変やねぇ」とか「美味しかったよ〜」とか、ああ、何と寛大なお客様達!
あの暑い数日間にお越し頂いたお客様には、この場を借りてお詫びとお礼を申し上げたいと思います。
暑い中お越し頂き、暑い中お食事して頂き、温かいお言葉を頂き、本当に有難うございました。

そんな中、私のフランス行きの日も近づき、エアコンが直らない中、
うしろ髪を引かれながら、ワイナリー視察へと行ってまいりました。

12時間のフライトは映画を観まくり一睡もせず、シャルル・ドゴール空港に到着。
今回訪問するシャンパーニュの生産者、ルネ・ジョリーのドライバーさんがお出迎え。
荷物をバンに積み終えたら、助手席からクーラーボックスに入ったよく冷えたシャンパンと
シャンパングラスが出てきて、「ようこそいらっしゃいました。乾杯しましょう!」と
何とステキなサプライズ!! 空港の駐車場で「Santé !」
長旅の疲れも吹っ飛び、フランスに来たという実感が沸いてきました!
 

何と、フランスでは
グラス一杯までなら
飲酒運転可能なんだそう!

ホンマかいなっ!!
 

空港から高速にのって約2時間、ルネ・ジョリーのあるコート・デ・バールへ。
途中のインターで、カスクートや惣菜を買ってホテルへ到着。
ワイナリーの当主、ピエール・エリックがお出迎えしてくれました。
スペシャル・キュベ ‟RJ" で乾杯し、惣菜をひろげて夕食です。
レストランに行こうと思ったが、ここに住む私達の生活の一部を知ってもらいたかったという
当主の想いです。
 

 

コート・デ・バールはシャンパーニュ地方の最南部にある地域です。
シャンパンに使用される3つの品種は、ピノ・ノワール90%、ピノ・ムニエ5%、シャルドネ5%と
ピノ・ノワールが良く育つ産地です。
ルネ・ジョリーはこの地域のランドルヴィル村に畑があります。
そしてブドウの栽培から、醸造、販売までのすべてを行う家族経営のレコルタン・マニピュランです。
あちこちの地域に畑を持つ生産者が多い中、この村でだけでブドウを栽培することに
こだわりを持っています。
人口480人程の中の65%もの人がブドウ造りに携わっており、 10件程のワイナリーがあります。

シャンパーニュは有るべくして造られた土地だと、当主ピエール・エリックは言います。
大阪やニューヨークの様な消費の町ではなく生産者で成り立つ町だと。
夏は暑く、冬は‐25℃にまで冷え込み、公共機関や商業施設もほとんどなく
決して住みやすい土地ではないが、ブドウを作るためにここにいるんだと。


一つの花から一粒のブドウができ、一本の木から8〜10房まで剪定し一本のシャンパーニュができます。
ピノ・ノワールに適した産地でありながら、その25%にシャルドネの畑があるということと、
シャルドネ100%で造られるブラン・ド・ブランを造っているのは、ルネ・ジョリーの誇りでもあります。
この地域ではシャルドネ自体栽培していない生産者の方が多いんです。

 


 
シャルドネの葉は付け根が広がっていて、
ピノは重なり合っています。






 
 
大きい石灰岩がゴロゴロと転がっています。 
その下には泥粘土質の土壌が広がり、ひび割れてカラカラです。
さらにその下には石灰質の土壌が地中奥深くまで重なっています。

 
まだ実をつけたばかりのピノ・ノワール
皮はまだ緑色で実は硬く、
口に含むと顔が歪むほど酸っぱいです。

 

新しく導入した1972年もののプレス機は4人掛りでかき混ぜながら優しくプレスしていきます。
プレスしたジュースが自然発酵しないよう、2℃にキープ出来るよう冷却システムも導入。
また、瓶内二次発酵の際の王冠選びは重要で、あのギザギザからわずかに空気の循環が行われており
シャンパーニュの味わいに大きな影響を与えるため、お祖父さんの代から変わりません。
新しいものを取り入れながら、伝統を守り続ける。どちらも勇気と信念、我慢が必要!
私達のお店でも、日々頭を悩ませています。

ワインは一つの地方が何らかの災害で全滅してしまったとしても、他の地方、国でも造られますが
(もちろん、その土地のワインはなくなりますが・・・)
シャンパーニュ地方が全滅してしまったらシャンパンと名乗る飲み物はなくなってしまいます。
だからこそ、この土地に誇りを持っているんだと感じました。
この季節はブドウが成長していくとっても大切な時期。目がはなせません。
「ぶどうは宝石と一緒。僕達にとっては宝物。」と言うように、
大事に育てられたブドウから造られたシャンパーニュ。

日本に帰ってシャンパンを飲む時も感謝を忘れてはいけないなと実感いたしました。


まだまだ話のネタはつきませんが、シャンパーニュ編はこの辺で、
来月、ブルゴーニュ編でお会いしましょう。    À bientôt! 


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

〜 Le Quatorze Juillet〜

今年も、早くも半分が過ぎてしまいました。
梅雨もあったのか、なかったのか分からないまま、
通勤時は日陰を探しながら歩きたくなる様な暑さになってきましたね。   

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、7月14日はフランス革命記念日です。
フランスの各地で、パレードや航空ショーなどが催され、全国でお祭りが行われています。

日本では「パリ祭」の名前で知られており、シャンソンのコンサートや
レストランでは様々なイベントが行われています。

と、ここで少し歴史のお勉強を・・・

1789年7月14日に、パリ市民が、バスチーユ牢獄を攻撃し、
中にいた囚人を解放した日が革命の始まりとされています。

国王ルイ16世、王妃マリー・アントワネットが処刑され、
その後テルミドールの反動によりナポレオンが台頭。領土を広げますが、ロシア遠征の失敗から失脚。
ルイ18世が王政復古をして革命は終りを告げました。(だいぶ省略しております。)
この革命は、市民階級の力を誇示するものとなり、絶対君主制から民主主義社会へ移行する
先導の役割をはたしました。




と、世界の歴史的にも重要な日なのですが、フランス料理やワインといった食文化においても
フランス革命は大きな影響を与えました。
王侯貴族に仕えた一流の料理人、菓子職人、給士係は職を失い、町に出ることを余儀なくされます。
彼らは、当時誕生しつつあったレストランで働くようになり、
この出来事が、フランス料理の新時代の幕開けとなります。

革命以前より、王侯貴族たちは、美食を競い合い、すぐれた料理人を抱えることに熱心で、
フランスは美食の国として知られていました。

しかし、彼らの饗宴は幾重もの厚いカーテンにさえぎられ、市民には想像のすべもありません。
彼らは、このような時代のパリ市民に、本当の美食の実態を開示しました。
この時期にフランスにおいて「食べる」ということが、「文化」として発展していきます。
また、ソムリエという職業もこの時に誕生しました。





一方、各地のぶどう畑は、それまで小作人であった農民に分配されました。
このため、畑は小さく分割されることになりましたが、その後資本家が、
それらの畑を再び買い上げ、大きな単位にまとめたのが、現在のボルドー地方です。

そして、農民に分配され、更にその子孫に受け継がれ、場合によっては、
更に小さな単位に分割されたのがブルゴーニュ地方です。

現在のボルドー地方のシャトーが大規模な畑を持ち、安定した品質のワインを出荷するのに対して
ブルゴーニュはドメーヌという農家単位でそれぞれのワインを製造、出荷し、
同じ村でも味わいの違うワインが造られるため、畑の単位で格付けがなされているという違いは
主に、このフランス革命以降の経緯によるものなのです。
  

 

また、中世では色の薄い赤ワインが愛飲されていました。
ボルドーでは、赤ワインに白ワインを混ぜて薄めたものもありました。
今日の高級シャトーのしっかりとしたワインが出てくるのも、このフランス革命以後のことなのです。


と、 ひとまず歴史のおさらいをしたら、人ごみの中、花火を見て心洗われるもよし、
冷房の効いた部屋でしみじみと一杯やるもよし。 思う存分、夏を楽しみましょう!


突然ですが、このフランス革命記念日の少し後から、私、フランスに行くことになりました。
6日間の強行日程ではありますが、皆様のワインライフが益々楽しくなる様
お手伝いをさせて頂くべく、現地の情報、ネタを持って帰りたいと思っております。
お店の方も一週間ほど留守に致しますが、どうぞよろしくお願いします。

À bientôt!  また近いうちにお会いしましょう!    フランス語と格闘中です・・・。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

エスカルゴ・ド・ブルゴーニュと隠れキャラ

すっかり夏ですね。   皆様いかがお過ごしでしょうか?
まだ6月だというのに気温は30°を越え、「今日は真夏日になります」なんて言われると
昔はドキドキ、ワクワクしたものですが、すっかり暑さにも弱くなって、     
仕事終わりの一杯が欠かせなくなっております。暑かろうが寒かろうが一杯やっておりますが…。

しかし、6月と言えば梅雨。すっかり梅雨が来るのを忘れていました。

ちょうどこの季節、ヨーロッパでは葡萄の葉を食べて育つカタツムリが姿を現します。
中でもフランスはブルゴーニュ地方のものが有名で、一時はその数が激減しましたが、
今は無農薬や化学肥料を制限して葡萄の樹を育てている所が多く、
また、捕獲の規制もあるようで復活の兆しが見えてきています。

カタツムリと言うと少々グロテスクになりますので、“エスカルゴ” と言い方を変えましょう。
はい。中でもこの地のエスカルゴが本物だ!と言われるぐらい、エスカルゴ・ド・ブルゴーニュは有名で、
古くからこのタイトルの歌まであるくらい。 で〜んで〜んむ〜しむし〜♪ではありませんよ。
エスカルゴはブルゴーニュのシンボルなのです。


この時期はまだ小さいのですが、7月1日の解禁日を迎えるとプックリと立派に成長し、
ブルゴーニュの田舎のお年寄りは、雨上がりの早朝にエスカルゴ獲りに出掛けます。

ハーブやにんにくの効いたバター(エスカルゴバターとも言います。)と一緒にオーブンで焼くと、
何とも食欲をそそるいい香りがしてきます。  ゴクッと喉が鳴りワイン、欲しくなりますね。

   
やはり同じ地方の、きれいな酸とまろやかさを併せ持つブルゴーニュの白。

     
 
   
華やかさ、フルーティーさが特徴のボージョレーの赤は少し冷やして。
     


ビストロ・ダ・アンジュでは、いつでもこのマリアージュを楽しんでいただけますよ!

エスカルゴってフランス料理として知られていますが、ブドウ畑に生息しているので、
ワインの大産地、イタリアでもトマトやワインで煮込んだ料理があります。

ドライフルーツの甘みの中にスパイシーさがあり、ほのかな渋味も感じる
イタリアの赤のスパークリング、ランブルスコ。夏らしくキリッと冷やして!
 
     


そう言えば、ブルゴーニュではエスカルゴがシンボルとなっておりますが、
ビストロ・ダ・アンジュのキャラクター、“エスカルゴおじさん” の事、皆さんご存知ですか??

カールおじさんは東の方では見れなくなる様ですが、
アンジュの開店前か閉店後にお店の前を通る事がありましたら、そこに
隠れキャラを見ることができるかも!!
 

営業中は、お店の中にコック帽をかぶってエスカルゴを運んでる
本物の“エスカルゴおじさん”に会えるかもしれません!!

こんな事書いてるのバレたら叱られるかもしれません!!
皆さん秘密にしてください! しーっ!ですよ!

 

ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

| 1/28PAGES | >>