ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

秋の夜長に、イタリアを懐古する

先日御堂筋を歩いておりましたら、いちょう並木の数ある中の一本から早くも銀杏が落ち、
踏み潰され辺りはあの何とも芳しい香りが漂っておりました。もうすっかり秋ですね。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

フランスのワイナリーに行かせてもらってから、早3ヶ月。
そういえば、3年前にはイタリアのワイナリーに行かせてもらったなぁと、思いを馳せていましたら、
何だか急にイタリアワインを飲みたくなって、
休日は酒屋に行ってはイタリアワインを物色する日々が続いており、
家に帰って久しぶりにあの分厚い本を読み返しております。

今年の教本。
日本でのワイン法が
この秋から始まります。

日本の項目が
随分と多くなっていました。
 

よくもまぁ、これだけの量を頭に詰め込んだなぁと、自分のことながら感心致します。
寝ている間に覚えられるものならと、枕の下に敷いて寝たり、暗記パンさながら、
この本食べたら全部頭に入るのか??と狂気じみたことを考えた事も・・・。
今となってはそんな日々も良い経験、良い思い出です。そんな話はさておき・・・。

イタリアは20州全てでブドウの栽培とワイン造りが行われており、古代ギリシャ人たちも
「エノトリーア・テルス」=「ワインを造る大地」と絶賛するほどの古来からのワイン名穰地です。
たくさんの民族がブドウを持って地中海の入口、
シチリア島から更に北上してヨーロッパに入植していったと考えると、
ものすごい種類のブドウが植えられ、それが今日の土着品種の多さなんだと合点がいきます。

そう、イタリアワインの魅力の一つは、数百種あると言われている土着品種。
イタリアワインを専門に扱う人でさえ、次から次へと覚えきれないほどでてくるわ、と唸るほど。
皆さんはそんなの覚えなくて良いですよ。 
それによってあらゆるタイプのワインが造られているので、
自分の好みのワインを探すのも、ものすごく楽しそう!!

時を遡ること20年ほど前、若かりし頃の私はリュック一つ背負ってイタリアを一周、
一ヶ月旅した経験があります。初めてのヨーロッパでその時に見た、見事な建築物、
その時代を想像できるかのような美しいたくさんの遺跡、美味しい料理にワイン。
ヨーロッパの歴史や文化、料理、ワインに興味を持ち始めたのはこの頃でした。
帰国後はイタリア関連本を読みあさり、「illy」のエスプレッソ豆を買い、
イタリアワインを飲みまくったものです。(完全にカブレてました・・・)


その頃のイタリアワインは果実味いっぱいの重量感のあるどっしりとしたものが多かったように思います。
当時はワインの勉強はまだしていませんでしたので、あくまでも思い出の中の印象ですが・・・。

フランス料理店に勤めるようになったのもあって、だんだんとフランスワインを飲む機会が増え
イタリアワインともすっかり遠ざかっていましたが、
数年前に久しぶりにじっくりとイタリアワインを飲んだら、
あれ!イタリアワインてこんなだっけ!?この数年でこんな変わったの!?
もちろん昔の方が良くて、今は悪いとか、その逆でもないんですよ。
今も変わらず昔と同じワインを造る生産者もいますしね。

イタリアではワインの生産量、消費量が減少していると言われている昨今、
高級化(質の良いワイン造り)が進んだり、土着品種で造られる個性的なワイン造りが見直されたり、
時代と共に、変化し進化していくんですね。
私自身も年を重ねて後退(老化?)していくことが多くなってはいますが、
日々、成長し進化していきたいと願うばかりです。
ワインから学ぶことはホントにたくさんあるなぁ、なんて思う今日このごろです。


3年前に訪問したシチリアのドンナフガータのワインは土着品種と国際品種を見事に使い分け、
音楽や芸術を愛する家族のおおらかな気風とその風景を感じながら
ラベルも個性的でシチリアの太陽のように飲む人を明るくさせてくれます。  

 

ソムリエ教本に「イタリアワインの3つの魅力」として、その中の一つに
「イタリアワインは3000年の歴史の中で育まれてきたワインなので、
昔からあるワインはそれぞれがロマンスをもっている。
秋の夜長のひと時、古代ローマの歴史を紐解きながら、かつての英雄たちの物語に思いを馳せて
当時の生き残りのワインを楽しむのはイタリアワインならではの楽しみである。」とあります。

空が澄んで月が美しく見える季節です。 今年の実りに感謝して、月見の宴を楽しみませんか。



ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

| 1/1PAGES |