ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

雨の日の楽しみ

6月に入り、毎朝の天気予報が気になる季節になりました。 皆様いかがお過ごしでしょうか?

雨の日も多くなり、外出も億劫になるそんな日々も
フランス人は楽しみを見つけるのがとっても上手です。

食事の前のおしゃべり「アペリティフ」もその一つ。
フランスには6月に「アペリティフの日」というのがありまして、
今やその活動は世界各国、日本でも様々な催しが行われています。

食前酒と軽いおつまみを片手に話に花を咲かせゆったりと楽しい時間を過ごします。
そう言えば、昨年フランスのワイナリーを訪問し生産者との食事の前に必ずと言っていい程、
まずティーラウンジでシャンパーニュとおつまみが出され、
色んなお話をしながら楽しい時間を過ごしました。

せっかちな私にとって、そういったゆっくりとした時間は、
日常を楽しむのが上手で食を大切にするフランスの文化なんだなぁと感じたものです。



アペリティフは会話が弾むだけでなく、食欲を増進させ健康のサポートもしてくれます。
「お酒は百薬の長」と言われるほど、適度の量はとっても身体に良いものなのです。

血流がよくなり一時的に血圧を下げたり、善玉コレステロールを増やしたりと。
とは言え、ついつい飲みすぎてしまうのがソムリエならぬノムリエの心情ではありますが・・・

でも食事の前は胃がからっぽ。
そんな時にアルコール度数が高いものを飲んでしまうと、かえって胃が荒れてしまいます。
度数が低くスッキリしたシャンパーニュやスパークリングワインが定番ですよね。




   ルネ・ジョリー ブラン・ド・ノワール エキストラ ブリュット

昨年ワイナリーを訪れ、古い伝統を守りながら新しい技術も取り入れ
丁寧にシャンパーニュ造りを行う家族経営の小さな生産者。

シャンパーニュは通常、糖分を添加して醸造をさせますが、それを一切入れず
ブドウ本来のピュアな味わい、ピノ・ノワールの個性を充分に発揮したシャンパーニュ。
特別な日のアペリティフに開けたいですよね。

--------------------------------------------------


もっと気軽になんてときは、ブルゴーニュのクレマンも良いですよ。

クレマンとは、フランスでシャンパーニュ地方以外で
シャンパンと同じ製法で造られたスパークリング。

クリームに語源がありまろやかで優しい味わい。シャンパーニュよりガス圧もハーフ、
お値段もハーフでハーフスパークリングとも呼ばれています。

フレッシュでスッキリとしたなシャルドネの味わいはアペリティフに最適。
食欲が増してその後の食事が楽しみになります。

    
--------------------------------------------------


   イタリアのシチリアからドンナフガータ・ブリュット

シャンパーニュに負けないボリュームと地中海のミネラルを感じるスパークリング。
5年程前にドンナフガータを訪問したときに
いつもスパークリングは大きなチューリップ型のグラスで提供されました。

たしかに!華やかさや地中海のミネラルを香りで充分に感じられ、
味わいへのワクワク感が止まらず会話も止まりませんでした。

イタリアでは大きいグラスで飲むのが定番らしく、
私もそれ以来大きいグラスでスパークリングを飲むのにはまっています。


--------------------------------------------------


パチンコ好きの知り合いのシェフが、フランスに修行に行った時、
「フランスにはパチンコ屋がなくてやることがなかった」なんて話をしておりました。

きっとフランス人はそんなのがなくても楽しい時間の使い方、
人とのコミュニケーションや食文化の大切さを知っているんだろなと思います。

今やモノや情報に溢れる世界。スマホを触れば一時間二時間はあっという間。
ブルーライトのせいなのか、ベットに入って目を閉じても何だか目の奥でチカチカして
なかなか眠りにつけないってことが多々あります。

人と人の距離を縮めゆっくりとリラックスする事は現代人にとって必要な時間ですよね。
雨が多くなるこの季節、鬱陶しいなと感じたらアペロして楽しい時間に変えましょ〜♪

ただ、美味しくて楽しいので要注意。それだけでお腹いっぱいになっちゃいますから。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-inoue.jugem.jp/trackback/101