ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

初心忘るべからず

初秋の候と言いたいところですが、厳しい暑さが続いております。
見上げると空もだんだんと秋に近づいて、
頭の中では陽水と玉置浩二の素敵なハーモニーが流れ
夏の終わりに切なさを感じますが、いざ前を向いて歩き出すと汗だくになり、
すっかり現実に引き戻されます。

もぅ秋でいいんじゃない?   皆様、いかがお過ごしでしょうか?

秋といえば、ビストロ・ダ・アンジュでは
毎年10月の初めにフランスから「パトリック・テリアンシェフ」を招いての
スペシャルイベントを行っています。

8月の初旬にはメニューとレシピが届き、シェフの来日に向けてしっかりと準備を進めております。
もちろん一番の目的は、お客様に楽しんで頂くためなのですが、
もう一つ「ビストロ・ダ・アンジュ」が
フランス料理店で在り続けるためでもあるのです。

フランス人シェフとの交流により、その人柄、文化に触れフランスのエスプリ=魂をもらい
「ビストロ」としての原点に戻るということなのです。少し大袈裟になってしまいましたが、
流行に流されず、伝統を守って、これからも「ビストロ」を発信していきたいという
大きなモチベーションにもなっています。
10月2日〜8日までの一週間、皆様と一緒に楽しみたいと思います。
是非お店にお越しくださいませ!



秋に近づくと、食事もワインもコッテリしたものがほしくなりますよね。
テリアンシェフの出身地、ロワール地方はボルドーやローヌに次ぐワインの大産地。
北西部に位置するこの地方は、冷涼な気候もあり、
酸味のきれいな爽やかな白ワインが多いのですが
中には樽で熟成させたものや、樹齢が高くミネラル豊かなボリュームのある、
この季節にじっくり飲みたくなるようなワインもあるんですよ。

チキンのクリーム煮込みやバターの風味いっぱいの魚のソテー、トロっととけたチーズとか、
シェフの来日を待ちわびながらしみじみ飲みたいわぁ。なんて恋する乙女??
やっぱり秋はセンチになっちゃいますな。

 ロワールは甘口ワインも
 造っています。
 官能的で心に響きますよ。
 飲むほどにワインが
 楽しくなる、異次元の
 サンセールです。

そしてこの季節、思い出すのはソムリエ試験。
家だと暑くてボーっとしてくるので、
分厚い教本を持って図書館や喫茶店で涼を取りながら勉強したものです。

今年は身近な人が数名受験するので気になって仕方がありません。
何分、一次試験は筆記なので手伝う訳にもいかずひたすら応援しております。

一次が受かると二次試験はテイスティングと実技です。
テイスティングは当て物ではなく、色や香り、味をみて
そのワインはどういったワインか一つずつ分析していくのです。
何だか難しそう!!  
えぇ、試験の場合は、もぅそれは真剣に、
3種類のワインをテイスティングした後はヘトヘトです。




 

 昨年、訪問したブルゴーニュ生産者にて

 美味しいワインを皆さまへお届けする為
 生産者から説明を受けながら
 10種類程のワインを真剣にテイスティング中

 

先日、ソムリエ仲間数人と、とあるワインバーで飲んでおりましたら
誰が言いだしたのか、ブラインドテイスティング大会になりまして、
最初は直感で「これはフランスのシャルドネで2015年だね」とか、
「この香りはメルローだね」とかキチンと分析するんですが、

そのうち「いや、マスターはそんな単純なワイン出さないよ」とか、
「実はフランスっぽく造ってるカリフォルニアなんじゃない?」とか、 つい裏をかいでしまうんです。

いやですね、大人になるとひねくれた考え方になって、
意外と一番最初の答えが合ってたりするものなんです。
あぁでもない、こうでもないと言いながらやってましたら
午前様になったのは言うまでもありません・・・

小さい頃、親に「素直が一番やで」ってよく言われました。ホント身にしみます。
何事も素直に受け止め行動することって大切なんだなぁと、
またまたワインに大事なことを思い返させてもらい、初心に戻ることができました。
ワインは楽しい飲み物。そして一期一会。
頭を固くせず、素直に美味しいと思えるそのワインを、皆様におすすめしていきたいと思います。

もう、すぐにこの暑さが恋しい季節になりますね。
9月末頃から、今年収穫されたブドウから造られた
ヌーヴォー(新酒)が続々と出荷されます。

恵みの季節、美味しい食材とワイン、とことん楽しめる季節です。
運動の秋、読書の秋、芸術の秋、皆さんは何を楽しみますか?
私は先ずは、シェフとのイベントを思いっきり楽しみたいと思います!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

   

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/104