ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

台風一過の心の晴天

秋晴れが気持ちの良い季節になりました。
「涼しくなったらやるわ。」と言ってた花壇の草むしりも、もう言い訳ができなくなりました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?でも本当に外出しやすくなりましたね。
皆さんもあちこち出掛けられて、お忙しくされてるのではないでしょうか?
また、朝晩は寒いくらいなのでどうぞ体調の変化にもお気を付け下さいね。


さて、先月10月2日〜8日の一週間、ビストロ・ダ・アンジュでは、
毎年恒例のパトリック・テリアンシェフを招いてのスペシャルイベントを開催しておりました。

一年に一度のシェフとの交流とお料理をとたくさんのお客様にご来店いただき、
いつもとは一味違うビストロ・ダ・アンジュを、私も楽しく一週間過ごさせて頂きました。
ありがとうございます。

そしてこれもまた毎年恒例のように、この時期やっぱり台風が来るんです。
9月初旬は大阪直撃の大型台風に見舞われ、
シェフの到着予定日9月30日も台風予報が出ておりました。
空港や鉄道、百貨店も前回の事もあり早々に運休、休業を決めてましたから
「飛行機どこに到着するかな?」「新幹線止まってるで。」「イベント延期ってこともあるんじゃない?」

なんて心配はご無用でした。

「ボンジュール!皆さんお元気でしたか?さぁミザンプラス始めましょう!」と、
チェックインも済まさず大きな荷物を持ったまま元気な姿を見せてくれると身が引き締まる思いです。
すぐにコックコートに着替え仕込みが始まり
シェフのレシピが形となって現れると気持ちが高揚し
明日からのイベントが益々楽しみになっていきます。

そしてテリアンシェフの料理フェア、いよいよ開幕です。
ここからは、シェフのお料理とおすすめの組合せのワインで楽しんで下さい。


 「六種の貝のミュスカデワイン蒸し」にはこれしかないでしょ。
シェフの出身地、ロワールのミュスカデを。

貝の旨みだけでも十分な味わいを更に豚足とバターでコクを。
そこにミュスカデの爽やかな酸を。
澱と一緒にひと冬寝かせたミュスカデは爽やかさと旨味、コクを兼ね備えています。
一皿目からワクワクしますね。

  「イカとタコ、ミモレットチーズの彩り野菜 胡麻の風味」
ヨーロッパの食事には欠かせないチーズ。この世に三つの食べ物が残されるとしたら
パンとチーズとワインだ!なんて言葉があるくらい!
ブルゴーニュでも南の方で造られた、パインやマンゴーなどの
南国フルーツのニュアンスを持った シャルドネ、コトー・ブルギニヨン・ブランを。

 「グリンピースのクーリとソルベ ノワゼットの香り」 
クーリとはピューレのこと。このピューレとシャーベットの温度差が口の中で混ざり合って
ものすごくシンプルな料理なのにとても複雑で絶妙な味わいになります。
張り合っても仕方ありませんが、ここいらで日本のワインも。
樽の少し効いた酸味のきれいな「甲州」も絶妙。
最近はパリでもフレンチと日本ワインを合わせるお店が増えてきているようですよ。




 「オマール海老と平目 甲殻類のブイヨン ココナッツと生姜のアクセント」
そりゃ美味しいでしょ!またココナッツと生姜がオリエンタルで不思議な雰囲気を感じます。
樽の香りとしっかりとボリューム感のあるブルゴーニュのシャルドネが王道ではありますが
今回は南西地方の地葡萄を使った強烈な個性と可能性を持ったル・フェイトゥ サンモン・ブランを。
黄色い花の香りや蜂蜜の上品な甘さ、ハーブの爽やかさと最後は葡萄本来の瑞々しさ。
熟成期間がその複雑さを増して何とも言えない、シェフのお墨付きのマリアージュ!


 「フランス産仔牛のロースト ニンニクのフランと茄子のカネロニ」
85°の低温で3時間ゆっくりとローストするとこんなにもきれいなピンク色で柔らかくジューシーに
なるんです!後5分、いや後10分!なんて絶妙な火入れが腕の見せどころ。
この料理にはシェフが事前にフランスから送ってくれたAOCイランシー。
ブルゴーニュの赤ワインはピノ・ノワール単一で造られますが、
イランシーはセザールという品種を10%混ぜてもよく、タンニンを豊かにし色も濃くなります。
ワインラバーにとってはとっても興味深く
おもしろいワイン。

他にも数々のお料理とデザート。写真でのご紹介、楽しんでください。




いかがでしたか?食欲の秋、美味しいもん食べたく、飲みたくなってきますね。
今年もシェフと一週間お仕事をして、色んなお話をさせてもらいました。
その中で「普段の食事には、何も高級なワインを合わせる必要はない。。
日常ワインでも必ずその料理にピッタリのワインがあるんだよ。
それが料理もワインもそして心も豊かにしてくれるんだよ。」
というお話をしてくれました。ワイン文化のフランス人の心の声を聞いたような気がしました。

皆様の心と胃袋をつかめる嫁?になれますよう、これからも益々精進していきたいと
あらためて感じております。今後共宜しくお願い致します。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/106