ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

大和撫子とロゼワイン


先日、インポーターが集まる試飲会で二万円近くもするプロヴァンスのロゼワインがありました。
あれっ、一桁見間違えたかな?と思いましたが、確かに二万円。もちろん試飲しますよね。

プロヴァンスのロゼは、一般的に辛口が多くフレッシュでフルーティ。
現地フランスでは、夏の海辺のテラスで気軽に飲まれている。

こんな高価なワイン、気軽に飲めないじゃないかと、まず香りを嗅ぐ。
爽やかな果実とフローラルな感じもする。

口に含んでじっくりと味わう。心地よい酸味を軸にクリームのようなまろやかさ。
そして何といっても余韻が長い。口の中にいつまでもそのワインが残っているような感覚。

興味津々、インポーターさんにお話を伺うと、最良のブドウだけを使い、「熟成可能」で
「ロゼシャンパーニュのような」をキーワードに、このロゼワインを生産されているとのこと。
おまけの話として、レディ・ガガがこのワインを飲みながら婚約会見をして
話題になっていて、ものすごく売れているのだとか・・・。


何にでもトレンドというものがあって、ワインもまた然り。
歴史や文化、生産者のストーリーや話題性も。
そしてアメリカやイギリスのワイン市場は世界に大きな影響を与えます。

健康志向が高まる中、食事もライト化されていく中で
ワインもパワフルかつボリューミーなものからバランスやエレガントさが求められるようになり、
若い世代を中心に親しみやすく気軽に楽しめるワインが人気を集めています。


どんな料理とも合わせやすいロゼワインもその一つ。
世界中で消費量が増加傾向にあり、明らかにその関心が高まっています。




私が初めて口にしたワインはロゼワイン。
優しく包み込んでくれるその色は心を穏やかにしてくれます。

日本でロゼワインの色=ピンク色は桜のイメージですが、
英語でピンクは元々ナデシコの花を指す言葉。
「ナデシコ」と聞けば、私たちは「ヤマトナデシコ」=可憐で繊細、芯の強さを持つ
日本人女性を連想しますよね。

ロゼワインの色調を表現する単語も、「ピンク・サファイヤ」、「ピンク・トパーズ」、「ルビー」など
宝石に例えたものもあり、女心をくすぐります。


ロゼの醸造方法は大きく二つに分けられ、直接圧搾法はプレスにより色素を抽出し、
淡い色調で味わいも軽快でフレッシュなものになります。
もう一つは、セニエ法と呼ばれ、漬け込みにより抽出したもので、
より濃い色調でボリューム感、渋みも感じられます。

アレクサンドル・デュマ・ペールの小説「三銃士」のダルタニャンの故郷、
フランスのガスコーニュで造られるフルーティでチャーミングなロゼ。

    

ダルタニャンの剣さばきのような華やかさ、苺、ざくろ、アメリカンチェりーの瑞々しさと
丸みのある酸味、ほのかな渋みが心地よくスパイシーさも含みます。
日差しが暖かく感じるこの季節、よく冷やして、フィンガーフードとこのワインを持って
ピクニックやBBQにいかがですか。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/110