ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

シャンパーニュは心に効く?!

新年あけましておめでとうございます。
皆様はどのようなお正月を過ごされましたか?

私は元旦は兵庫の実家に帰り、ゆっくり・・・と言いたい所ですが、とんぼ返り。
2日から営業のビストロ・ダ・アンジュにて走り回っております。

クリスマスから年末年始、やはりお客様のオーダーが多かったのはシャンパーニュ
本当に1杯のシャンパーニュは気分を盛り上げてくれますし、幸せな気分になります♪

気分を盛り上げてくれるからこそ、
派手な演出が多いのもシャンパーニュの魅力の一つです。

今回は、そんな演出効果抜群のシャンパーニュの大技について。

まずは思い浮かぶのが「シャンパンタワー」
結婚式などでよく見るシャンパングラスをピラミッドのように積み上げて
一番上から注ぐと、シャンパーニュが流れ落ちるにしたがって、
下のグラスを満たしていくというアレです。


   

 

当然、シャンパーニュを注ぐのは新郎新婦。
満たされたグラスを参列者皆さんに配り、幸せのおすそ分け♪というわけですが、
いかにも派手なこの演出、当然欧米発祥かと思いきや、いろんな説があるようで・・・
フランスの農民が葡萄の収穫を祝って
持ち寄ったカップを重ねてワインを注いだのが始まり。とか、

いやいや日本の婚礼の時の「お水あわせの儀」
(新郎新婦の実家でそれぞれ汲んできた水をひとつの盃にあわせて飲む儀式)が
発祥だとか。諸説ありますが、決してホストクラブが発祥ではございません(笑)



続いて、私も機会があればちょくちょくやらせていただいている
「シャンパンサーベラージュ」

サーベルでシャンパンボトルの口を切り落とすという演出。
写真は先日、当店で行った際の写真です。

お客様があまりに見事なタイミングで激写されてましたので、ご紹介を。



 



狭い店の中で物騒な物を振り回し、申し訳ございませんでした(笑)

実はこのサーベラージュを行ったのは11月のボージョレーヌーヴォー解禁イベント中。
主役のボージョレーヌーヴォーで日付が変わると同時に
「かんぱ〜い♪」で気分は最高潮。でもイベントは朝まで続きます。

わかってはいたけれど、カウントダウンで最初にヤマが終了(汗)
朝まで続くイベントながら、
このままではただ延々と続く「酔っ払いの集会」になってしまう。
(大きく違っては無いのですが・・・)

盛り上げる術は何か無いか?
お客様によく乗馬が上手そうだとか、将軍様とか、「○○○○サンバ」踊ってだとか
勝手なイメージで話されることの多い私ですが、そんなに芸達者ではございません。


困った挙句「シャンパンサーベルやりま〜す!」
という困ったときのシャンパン頼み。


遠くの親戚よりも近くのシャンパーニュ!
渡る世間にシャンパーニュ!!
笑う門にはシャンパーニュ!!!
ということでサーベラージュと相成ったのでございました。


このサーベラージュは中世フランス海軍の出航式で、
旅の無事と戦いの勝利を祈る儀式として行われていました。

これからの長い旅を無事航海できるように。という祈りを込める意味では、
結婚披露宴の演出なんかにはもってこいですね。

ご予定のある方はご相談ください。
ただ、ウチのような狭い店の中でやるのはあまりお勧めしません。
スタッフに怒られちゃいます(笑)


出来上がるまでに非常に手間のかかるシャンパーニュ
味わい深いシャンパーニュは確かに安いお酒ではありません。

それでも、何にも変えがたい素敵な時間を演出してくれる素晴らしい飲み物です。
こんなに心を高揚させてくれるお酒はそうそうありません。
シャンパーニュは心に効くのです!

そして、ワイン製造中に生成される炭酸ガスが邪魔者であったのを、
人間の知恵と経験、工夫により、
素晴らしいお酒として昇華させたのがシャンパーニュです。


いろいろと本当に大変な時代です。でも目の前にある課題や苦労、
きっとそれこそが人の工夫と喜びを生み出してくれるのだと思います。

新しい年にもなりました。
未熟な私自身、目の前にもいろんな課題を抱えておりますが、
この1年はシャンパーニュのごとく、見事に昇華させてみたいと思います。
皆様、今年もよろしくお願いいたします。


「渡る世間にシャンパーニュ」


コレ、気に入りました(笑)


 

comments

亜矢子 | 2014/04/15 11:45 PM
お元気そうで何よりです。
ずっとレストランもかわってないんですね。
って言っても私のこと覚えてるかな?
まあ、覚えてなくて結構!
体に気をつけてこれからも頑張ってください
ビストロ・ダ・アンジュ 井上 | 2014/05/02 4:10 PM
亜矢子さん
ありがとうございます。
ずっと店も自分自身も変わらずですが
歳だけとっていってます(笑)
コメントとお名前からだけなので
間違ってたらいけませんが・・・。
もちろん覚えてますよ!
また、お店ものぞいてください。









trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/48