ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

ワイン世界一は…?

4年に一度のサッカーの祭典、FIFA W杯も大詰め。
中学、高校と下手ながらもサッカー部で汗を流した私も、
夜更かし&早起きしながらテレビ観戦しています。

皆様も寝不足の日々が続いておりませんでしょうか?

当時テレビで見ていたスキラッチ選手が大活躍したイタリアW杯もなんと24年前!
マラドーナやリネカー、ストイコビッチ、ガスコイン、バルデラマ、ファンバステン、
ライカールト、クリンスマン、リトバルスキー(愛を込めて勝手に敬称略)。

名前を思い出すだけでもわくわくします。

当時の優勝国は東西ドイツ統一直前の西ドイツ、ベッケンバウアー監督でした。
歴史を感じますね。
サッカーに興味のない方、世代の違う方、スミマセン。

今回のW杯、日本はグループリーグ突破ならず残念でしたが、
世界で最もサッカーが上手い人たちの真剣勝負は見応え十分。
プレーを見ているとなぜか自分も出来るような気がしちゃいます。
が、もちろん現実はそんなに甘くありません。

敗退しちゃいましたが、ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドのダビデ像の様な肉体美!
すごいですね。
あんな肉体を作り上げりゃ、脱ぎたくなるのもわかります。
かたや自分の身体はゆるみっぱなし。隠したほうが良さそう(泣)
    

いや、むしろダビデ像より凄い肉体かも。相当なトレーニングが必要なのでしょう?
私も毎日自転車に乗ってるんですが、程遠い肉体…。



そして、話題の主役になるのは世界のサッカーだけではありません。
なにかって?そりゃもちろんワインです。ワインのコラムですから(笑)
無理やり主役にしちゃいますよ♪

国民性の違いやサッカーのスタイルの違いがあるように、
ワインにも国の個性は表れます。

まずはフランス。
フランスのワインは豊かな香りを持ちながら
どこか繊細なバランスと奥深い余韻を持っています。
第1印象だけでは読み取れない複雑さは、ワインの聖地たるゆえんでもあります。

初対面はやや緊張感がありながらも、ひとたび心を開けばとってもフレンドリーで
懐深く付き合ってくれるフランス人の国民性とも、どこか共通しているようでなりません。

フランスワインの代表的品種、ピノノワール種はまさにそんな個性の典型。
開いてないときは、まったくその素晴らしさを見せてくれない扱いづらさがある半面、
飲み頃、適温で底が見えないほどの奥深さ、ふくよかさ、人を虜にする魅力を持っています。

みなさんもフランス紳士、淑女ワインに虜にされたい!
なんて夢は叶わなくともワインに振り回されて虜にされるのはいかが?



      繊細で奥深いフランスアルザスのピノノワール♪虜になってみませんか?



一方、魅力たっぷり香水たっぷりでガンガン攻めてくるのがイタリアワイン♪
ワインをあければすぐに濃密なベリーやスパイスの香りが広がり、
果実味もしっかりと感じられるワインが多くあるように感じます。
ネッビオーロ種やモンテプルチアーノ種のワインはその典型。
どんどん迫られてみたい貴殿、貴女はイタリアワインはいかがですか?



先日渡伊したスタッフのお土産、
イタリア代表ピルロ選手人形。顔がお爺ちゃんです(笑)




サンジョベーゼはイタリアワインの代表格。魅力ムンムンです!



今回のW杯では実力を出し切れずグループリーグ敗退となってしまったスペインですが、
ワインのほうの実力は如何に?
歴史もあり、生産量も多いスペインワインはその多様性も注目すべきところ。
スパークリング、白、赤、ロゼ、シェリー、
その種別だけでなく軽い重い、辛い甘い、アルコール度数など、
本当にいろんな顔を持ったワインが存在します。
多民族の国の背景をそのまま表しているかのようなバラエティー、なかなか興味深いです。


そして、忘れてはいけないのが我らが日本。
甲州種に代表されるその繊細で奥ゆかしい個性はまさに日本の美意識そのもの。
決してインパクトは強くないですが、凛とした透明感の奥に確かに芯の強さを感じます。
それはまるで日本男児、大和撫子のよう。
他の国のスタイルを追うよりも、独自の魅力を追究することで
世界を席巻する日も遠くないかもしれません。

リーズナブルに抜群の安定感で支持を集めるチリワイン。
濃密でボディー豊かな高級ワインを生み出すアメリカなど、
ワインのワールドカップはまだまだ決着がつきそうにありません。

みなさんの現在のランキング1位はどこの国のワインでしょうか?

  私ですか?

私のNo1は・・・・。
やっぱり、レフェリーのごとく公平にあるため、黙っておきます。


さぁ、サッカーW杯の決勝ももう間もなく。
決戦の時です!
サッカーもワインも精一杯楽しみましょう!!

熱狂しすぎて飲みすぎにはご注意を。




退場させられちゃいますから。オウチから(笑)



JUGEMテーマ:ワイン

 

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-inoue.jugem.jp/trackback/54