ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

今回はワインのお話は置いといて、突然のご報告

夏まっさかり。皆様いかがお過ごしでしょうか。
突然ですが、私、このコラム今回をもちまして、
バトンタッチさせていただきます。


びっくりしました?


こんなコラムでも楽しみにしてくれていた貴重な方がいらっしゃいましたら、
感謝感謝でございます。


その理由は…

もとより少ない文才が尽きてしまったから?
いえいえ、もとよりございません。

ソムリエ資格はく奪されたとか?
今のところございません(汗)

あまりにも暑いから?
ちょっとあるかも(笑)

現在、心斎橋の実店舗、フランス料理のビストロ・ダ・アンジュには
いつのまにやら私を含め、
ソムリエが3名、ワインエキスパートが在籍しております。

と、いうことは…
「1991年夏場所の千代の富士VS貴乃花戦」よろしく、
次の世代の台頭を感じて引退を決意!というわけでもございません。
まだまだ「体力の限界」には早いですし、私には断髪式をする髪がありません!

まだまだ体力はありますが、このコラムの形になり約5年、
それまでを含めるともう少し、実は以前より、
私のコラムとしてはここらで一区切りと考えておりました。



最初のコラムでは私の幼少期、こんな写真で自己紹介してました。
誰が興味あんねん!という声が聞こえてきそう。



こんな稚拙なコラムを毎月読んで、多くの方が声をかけて下さったこと。
ワインのご説明を参考にしていただいたこと。本当に感謝いたします。

で、私が筆をバトンタッチするのは、同じビストロ・ダ・アンジュで
長年勤務しながらソムリエ資格も取得し、

ワイナリーもいろいろと訪問しているパワフルで勉強熱心で、
頼もしい女性スタッフです!


「川西さーん!自己紹介お願いしまーす!!」

皆様はじめまして、ビストロ・ダ・アンジュの川西と申します。
ビストロ・ダ・アンジュに勤務して、早10年。

そして2年前のちょうどこの季節、
一念発起いたしましてソムリエ資格を取得いたしました。

体力の限界も感じておりますし、断髪式をする髪もまだまだありますが、
未熟なソムリエ二年生!!
ここは、渡されたバトンをしっかりと握り締め、引き継いでいきたいと思います。

先日ビストロ・ダ・アンジュにて僭越ながら
“女子による女子のためのワイン会”なるものを開催させていただきました。

ワイン好き、料理好き、楽しいことが大好きという
お客様との時間というのは本当に楽しく、貴重な時間でした。

ご来店頂いたお客様には、スタッフ一同感謝いたしております。
本当に有難うございました。

そして共通の趣味、嗜好というのは
本当に人と人との距離を縮めるんだなぁと感じました。

コラムを読んでくださる皆様もきっと、
「美味しいワイン」「美味しい料理」「楽しいこと」が大好きな方達だと思います。
皆様との繋がりを大切にし、感謝し、
楽しい時間作りのお手伝いが出来ればと思っております。


なお、私独り立ちでの初回コラムは9月10日を予定しております。
先日芥川賞を受賞された芸人さんのような文才があれば良かったのですが、
生憎そのようなものは持ち合わせておりませんで。。。

つたない点があるかとは思いますが、お付き合いして頂ければうれしく思います。
今後共どうぞ宜しくお願い致します。



と、いうわけで、私井上はこのコラムでは一旦みなさまとお別れとなります。
名残惜しくはありますが、これまで以上に私の戦友でもあり、
尊敬するソムリエール川西をよろしくお願いいたします。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエ 井上 剛



JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/67