ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

暑い、熱い、夏です!

夏本番です!! とにかく暑いです!!  とりあえずビールですか!?

仕事終われば、まずビール。 風呂上がりにビール。 
祭りの、かち割りに浮いてるキンキンのビール。
BBQには、クーラーいっぱいのビール。 ビアガーデンにも行きたいし・・・。
ビール片手に、街中モンスターを探したり・・・?? 





う〜んっ、でもやっぱり・・・   仕事終わりは、そこにワインがあるし、
風呂上りはキンキンの白ワイン、
祭りに行けば、タコせんにはどんなワインが合うかなぁと思っちゃうし、
クーラーの中には、スパークリングとワインをしのばせるし、
しっとりとワインバーにも行きたいものです。
さすがにワイン片手に街をうろついていたら捕まりそうなのでやめておきましょう。


いよいよ、高校野球もオリンピックも始まりましたが、スポーツはあまり詳しくありませんので、
結果に一喜一憂しないのですが、
戦っている人の姿というのは本当に逞しく、美しく、感動させられます。

さぁ、今年は色んな意味で暑い、そして熱い夏です。 
こちらでも、市民権を得ているビールと、歴史の古いワインの対決といきましょうか!!


さて、ワインは約7000年前から造られていますが、この時代ワインは王侯貴族の飲み物で、
庶民が飲んでいたのはビールでした。
ビールが庶民的な飲み物とは、遠い昔からそうだったんです。




ビールもその1000年後、約6000年前からワインと同じ
メソポタミアのシュメール人から造られています。
最初は麦芽を水で練って焼き、パンにしてから水でふやかして、アルコール発酵させたもの。
メソポタミアでは、パンから派生した食物に近い日常的な飲み物だったんです。





堅いパンを水でふやかすというのは、ヨーロッパのスープの原型とも言われています。


そして古代ローマにも、ビールが伝わりますが、やはりここはワインに軍配が上がります。
当時のワインは、糖分が全てアルコールに転化されていなかったので、とっても甘い飲み物だったんです。
ですから、水で薄めて飲んだり、パンを浸したり、日常的に飲まれていました。
酔うために、そのまま飲むビールは野蛮人の飲み物として、流布しなかったんです。


ヨーロッパ全土でビールが造られる様になったのは1000〜1500年前。
やっとビール文化が根付いてきましたよ。
でもやっぱり、その頃にはワインの技術も格段に上がってきましたので、
アルコール度の高いワインが飲まれるようになっていました。
今度は、アルコール度の低いビールは子供の飲み物だって事で、やっぱりワインに軍配が・・・。

おぉー、やはり歴史には勝てないのか!!

いやいや、ビールも頑張りますよ!! 19世紀後半、ビール酵母の培養、缶、ビンの普及により、
保存技術が進み、安価で大量生産も可能になり、世界津々浦々で飲まれる様になります。
ワインは日常必須のお酒として飲まれていましたが、安価になったビール、
やっと市民権を得て、ビールに軍配が上がります。

あれ、私こんな事書いちゃっていいのかしら・・・。
この季節、何卒ご理解とお許しを頂きたい!!


ヨーロッパでも、やっぱりこの季節、レストランのテラスでとりあえずビール。
そう言えば、毎年、ビストロ・ダ・アンジュでのフランス人シェフ、パトリック・テリアん氏を招いての
イベントを開催しておりますが、シェフも仕事終わりには、「ビールくださぁい!」と言って
グビグビと美味しそうに飲んでおりました。


そうは言っても、「とりあえず」の後は、ワイン飲みたくなるんですよね。

この季節ならではの色んな楽しみ方がありますよ。

少しお安めのワインにかち割り氷を浮かべてグビグビなんてのも。
ワインに氷なんて邪道に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
これもまた、フランスではよく見る光景。そんな事するの!?と思いましたが、やって納得。


先日、親戚の集まりでファミリーなレストランに行ったんですが、その中の一人が
赤ワインとコーラを注文して、その二つを混ぜて飲んでおりました。
実はこのカクテル、スペイン発祥、"カリモーチョ"と言って、日常飲料としてとっても人気があるんです。
スペインと言えば、フルーツをワインに浸けた"サングリア"もありますね。


世界で一番有名な仔猫と同じ名前 "キティ" は、
赤ワイン+ジンジャーエール。
ワイン+ソーダの "スプリッツァー"もありますよ。

 

暑い日の飲み物って清涼感が欲しいですよね。
色んな飲み方でワインを楽しんで、そして何より一緒にいたい人、楽しい人、
ワインを美味しく飲んでくれる人がいれば最高ですよね。

えっ、一人でしみじみ飲みたい? それもまた格別です!

そう、ワインって自由なんですよ。お堅い事は抜きにして、自分なりの楽しみ見つけましょ。


あれっ、勝負はどうなりました??  どちらでもいいですね。
この選手好きだけど、あの選手も応援したい。
選手みんなの笑顔、涙、そして 何よりも一生懸命な姿に
私達は、元気をもらい、勇気をもらい、又明日も頑張れるんです。


     がんばれ日本! 遠い空の下から、寝不足覚悟で応援します。
    そして皆様のワインライフが益々楽しいものになりますように!



ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/79