ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

さぁ、がんばれ日本!!

熱い闘いも終わり、秋の気配を感じる日も多くなって、
近所の小学校にも子供たちの元気な声が戻ってくると、
あぁ、夏も終わりだなぁと、少しセンチメンタルになります。

オリンピックロスなどと言う言葉がありますが、
あの、白熱した数々の試合の余韻に未だに浸っております。

泣き虫少女だった選手も、立派な選手、
素敵な大人の女性になったなぁと、
母の様な気持ちで涙しましたし、

日本の伝統、お家芸の復活の為、そして連覇を目指す為、
努力を惜しまなかった選手達に
たくさんの勇気と感動をもらいました。

本当に、日本人の活躍には目を見張るものがあり、
にわかオリンピックファンの私も興奮しっぱなしでした。

しかし頑張っているのはスポーツ選手だけではありません。
そう、"日本のワイン" も頑張っていますよ!!


先日、近所の行きつけの酒屋さんに行くと、
「最近、日本のワインが良く売れるんですよ〜。
昨日も色んな造り手のワインを7本買ってくれたお客様がいらしたし、
今日も、4本買ってくれた人がいたんですよ〜。」 と話していました。

「日本もワイナリーが沢山出来てきましたし、美味しいのもいっぱいありますし、
少し前に比べると、随分と日本ワインも普及してきましたね〜。」
なんて会話で盛り上がっておりました。

今や北は北海道から、南は九州まで、
200以上のワイナリーが点在しています。

九州などは亜熱帯地域で、
ワイン造りは無理だろうと言われていましたが、
ヨーロッパのワイン造りにとらわれず、
自由な発想と手段で素晴らしいワインを造り出しています。




日本人が最初にワインを飲んだのは縄文時代じゃなかろうかと、
色々な遺跡から考えられていましたが
ヨーロッパとは違い、水の事情が良かった日本に
(ヨーロッパでは殺菌の為、ワインが飲まれた時代があった。)
手間暇掛かるワイン造りが、
果たして行われていたのだろうか、と言う説があります。

次に、今から500年前、安室桃山時代、
フランシスコ・ザビエルが
手土産に持ってきたと言うお話で、


豊臣の家臣や、堺の商人が好んで飲んでいたと言う説。
この時は、アルコール度数の高い
ポートワイン(甘口の赤ワイン)のようなものだったとか。
しかし、鎖国政策などにより、その文化も根付きませんでした。



本格的にワイン造りを行うようになったのは、
明治時代なってから。政府がワイン造りを奨励しました。

アメリカからブドウの苗木を輸入し、
成功の目途が立つまで5年の歳月がかかっています。

しかし、一部の苗木にフィロキセラが付着していて
廃園になったワイナリーや、
ヨーロッパから持ち帰った栽培技術や醸造技術も、
雨の多い日本では適応しにくかったりと
順風満帆には行きませんでした。

そして何より日本人の食生活にワインが合わなかったというのが
文化が根付かない理由の一つだったのかもしれません。

そこで登場したのが "赤玉ポートワイン"。  
私の記憶に残っているのは "赤玉パンチ"!!

まだ子供だったので味は分かりませんが、あの日の丸を思わせるラベルは、
日本ワインの夜明けを願っていたのだろうか、と想像してしまいます。
朝ドラでも太陽ワインと言って、
懐かしいポスターの再現と共に話題になりましたよね。





東京オリンピックや万博など、異文化が入る機会が増え、社会現象を背景に
ワインの生産、消費も益々増加していきます。






日本固有品種といえる「甲州」や
「マスカット・ベリーA」は国際ブドウ・ワイン機構にも登録されましたし、

国際品種である、「シャルドネ」や「メルロー」など、
幅広い品種からワイン造りが行われ、
海外のコンクールでも毎年のように受賞しています。

国内でも、海外から審査員を招いて、日本ワインコンクールが行われていて、
年々、品質が向上していると言われています。

甲州は
薄い紫色が付いています。

 

一昔前は、ワイン用のブドウ(加工用ブドウ)を
栽培する農家さんも、それがどの様なワインになるのか
想像出来なかったのが、今ではどの様なブドウを作れば、
美味しいワインが出来るのかというのを
意識しながら作っておられます。

そして何より、私達が日本ワインをたくさん飲む事によって、
更に美味しいものを、上質なものをと、
モチベーションを上げて頂く事に繋がるんじゃないかと思います。


競技を終えた選手は、家族や、
応援してくれた方々に元気をもらったと言われます。

だから私達も、もっともっと応援して日本のワインを盛り上げましょう!!
そしたら、日本のワインも
世界で金メダルをとってくれる日が近い将来くるかもしれません。

さぁ、夏が去ると大粒の収穫ですよ。
また新しいワインができ、
そして皆様が益々美味しいワインに出会えますように!!


今月も最後はこの言葉で・・・    がんばれ日本!!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/80