ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

少し気が早いですが・・・

日々過ごしやすくなり、季節の移り変わりを肌で感じたり、
自然や食材なんかもすっかり秋を思わせてくれ
実りの秋、その豊かさに心躍らされています。

 
先日、大阪のワイナリーに畑の見学に行きましたら、
ちょうど収穫前の完熟したブドウを"ぶどう狩り"さながら
試食させて頂きました。

マスカットベリーA、甲州、と日本の固有品種に加え、メルローなどの国際品種も頂きました。
完熟したワイン用のブドウを食べたのは初めてで、
生食用かと思うほど(生食、加工用兼用品種もあります)
甘く美味しく豊潤で、ブドウをもぎ取るその手が止まりませんでした。

ブドウも収穫期を迎えて、
早いところでは新酒がどんどん出荷されています。
このワイナリーさんも、デラウェアから造られた新酒が
すでに出来上がっており

早速試飲させて頂きました。


少し気が早いですが、11月には、ボジョレーヌーボーが解禁されますね。
これは皆様もご存知、フランス、ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で、
ガメイ種というブドウから造られる新酒です。

このフレッシュなワインは、もともと地元の住民が楽しく飲むような「地酒」だったのが、
解禁日を決めて発売される事になったのを期に、パリのレストランで大ブームになります。
それから、陸路や空路が発達し、その味わいは世界中に知られることになります。



もともと、この解禁日11月11日は聖マルタンの日だったのですが、
無名戦士の日に変更された為、
違う聖人の日、11月15日に移しました。
しかし、日を固定してしまうと、ワイン屋や運搬業者の休みである
土曜、日曜にあたってしまう年もあり、

それでは売れ行きに影響が出るということで、
(飲む側にとっても日がずれないのは、とても都合のいいことです。)
今の11月の第3木曜日に設定されたのです。

この解禁日を決めたというボジョレーの造り手さんの戦略はすごいなぁと感心させられます。

「初物」に敏感な日本人、そして時差の関係で、世界一早くボジョレーが飲める国となれば
絶対に飛びつくじゃぁないですか!!
(実際にボジョレーヌーボーの約25%が日本に輸出されています。)

赤い果実の風味がとても飲みやすくて、ワインをあまり飲めない人たちも、
美味しいと思えるような味わい。
ワインがまだまだ日常的ではない日本で、
ボジョレーヌーボーが広く受け入れられるようになったのも、
飲み易さ、味わいというのが大きく影響しているんだと思います。

ボジョレー・ヌーボーは、
「マセラシオンカルボニック」
という製法で造られるのも、ひとつの特徴です。

ブドウを破砕せず、
ぶどう自身の重みで自然に潰され、
発酵が始まります。

この製法で造ったワインは、色は濃いが、
渋み苦味が 少なく、味わいのまろやかな、
フレッシュなワインに仕上がります。



「今年は当たり年だ!!」なんて耳にしますが、11月17日まで、
誰も味見が出来ないのでわかりません!
とにかく毎年買って、飲んで、「あーだこーだ」言うのです。それも楽しみの一つなんです。

そして、今年のブドウの出来に、実りの秋に感謝しましょう。
日本の家庭料理にも合わせやすいワインです。揚げ物や、魚介の練り物、
11月なら、おでんをつつきながら、秋の風物詩の一つとして、なんてのもおつですね。


皆でワイワイ言いながら、気楽に飲めることこそボジョレーヌーボーの楽しさ!!
難しい事は考えず、 「今年のボジョレーは10年に一度の〜〜!?」
「えっ、100年に一度ぉ〜〜!?」
なんて、キャッチコピーを見ながら解禁日を楽しみましょ!!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代



JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/81