ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

特別な日はシャンパンで乾杯!

新年明けましておめでとうございます。

皆様、お正月はどのように過ごされましたでしょうか?
お正月はゆっくり、と思いますが何だかバタバタと何かと忙しく過ごしていらっしゃった方も
たくさんいらっしゃるのでは・・・。そんな中でも、やっぱり特別な日で、
普段食べない物や、飲まない物を用意して、
親戚や友人と楽しい時間を過ごされたのではないでしょうか。

私もお正月用にとておきのシャンパンを一本購入いたしましたよ。
シャンパンって気分を盛り上げてくれますし、
お祝い事やお祭りなどには欠かせない物の一つですよね。

12月に入って、忘年会、クリスマス、年末年始や新年会と、イベントの多い時期、
ビストロ・ダ・アンジュでもシャンパンのご注文がホントに多かったです。


シャンパンの派手な演出の中に「サーベラージュ」というのがあります。
サーベル(刀剣)でボトルの口を勢いよく切り落とす・・・なんて少し物騒な演出ではありますが、
もともとは、フランスの海軍の出航の際、無事と勝利を願う儀式として行われたものです。
今では、結婚披露宴の余興や各イベントで行われています。


実は私も昨年、初めての「サーベラージュ」に挑戦いたしました。
屋外でのBBQ大会で、緊張のあまり一度目は、
「カンッ」っと鈍い音がしただけで、ピクリともしませんでした。。。
緊張と恥ずかしさが益々増すばかり・・・。気を取り直して二度目。
刀を思いっきり振りぬきましたら、綺麗に・・・とはいきませんでしたが
何とか無事に成功??いたしました。


今年は、お店のイベントでやってみる事を一つの目標にいたしましょうか・・・。
そんな事を言っていいのでしょうか・・・。
あの狭いお店でやるには屋外でやるより勇気100倍いりそうです。

シャンパンは、本当に手間暇掛けられて造られるものです。
ビストロ・ダ・アンジュが日本のレストランで初めてお出しさせてもらった

思い入れのあるシャンパン・メゾン、ルネ・ジョリーの現当主、ピエール・エリックも、
シャンパンを造って、それを皆様にお届けする事がこんなにも大変だなんて
子供の頃の想像をはるかに超えたものだと言っております。
そして「良いシャンパンは一日にして成らず。」とも・・・。


歴史上の偉人たちもシャンパンにまつわる名言をたくさん残しています。

ナポレオンは
「シャンパーニュは戦いに勝った時こそ飲む価値があり、負けた時には飲む必要がある」
 
ポンパドゥール夫人は
「飲んで、なお女性を美しく見せてくれるのはシャンパーニュだけ」
 
ココ・シャネルは
「私は二つの時にしかシャンパーニュを飲まないの。恋をしている時と、していない時」
 
はたまた、マリリン・モンローは毎晩シャンパーニュのお風呂に入っていたのだとか・・・。


こうなると、毎日が特別な日やないか!!と言いたくなりますが、一般庶民の私としては
やはり特別なものとして、

少しの喜び、楽しみを彩ってくれるもの、勇気、元気をくれるものなのです。

昨年はなんだかんだとジタバタしながら一年を突っ走った様な気がします。
今年もそんな気配が否めませんが、しっかりと地に足を付けて、
皆様の楽しい時間のお手伝いが出来ます様、益々精進してまいります。

そして皆様には、たくさんの美味しい出会いと、
素敵な乾杯があります事をお祈り申し上げます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/84