ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

ワインの表現って難しい!! なんて思わないで!!

グレープフルーツや苺ならまだしも、スミレの香りや白い花、鉱物に麝香・・・。


どんな香り??なんて必死でそんな香りを探すけど、よく考えたらそれってどんな香り?
そしてその香りばっかり探して自分のインスピレーションはどこかへ行ってしまう。
そんな経験ありませんか??

仕事柄、諸先輩方に「香りの幅を広げなさい。」と言われ、 
植物園に行き、地面に這いつくばって白い花の香りを嗅いだり、
スーパーで、片っ端からフルーツや野菜をクンクンしたり、
あー、もうそれはそれは怪しい人。
周りの冷たい視線が、今でも忘れられません。
そこまでしろとは誰も言っていないのですが。


そんな事をしなくても、香りって日常にあるもの。
道を歩いていると、排気ガスに混じった埃っぽい香り、
沢山の猫がたむろしている公園の香り、
どこかのお宅からは、醤油の甘辛い煮魚や、スパイスの効いたカレーの香り、
洗いたてのシーツの、のりや柔軟剤の香り。
出勤途中の御堂筋のイチョウ並木、秋になるとむせ返る様な香りがしますよね。

そういえば、このイチョウの木、「メス」の木から「オス」の木へ植え替えられ、
銀杏が無くなってしまうようです。
理由の一つに、この臭いのも挙げられているようですが・・・
臭い臭いもくせになるとちょっと寂しい気分に。
少し脱線してしまいましたがお許しください。


皆でワインを飲むとき、そんな感覚を共有、共感できたらもっと楽しくなるはず。
決して、決めつけたり、押し付けたりしちゃダメですよ。

先日もお店のスタッフと赤ワインを飲んでいましたら、
「このワイン、ハイチュウのグレープ味の香りする!」 「ほんまや、するする!」って
ハイチュウ食べてた子供の頃の話になったり、ハイチュウと一緒にこのワイン飲んだら
どうなんやろって話になったり。
 
  

 ちなみにハイチュウの香り・・・のワインは
 「サンタムール」
 先輩ソムリエのコメントによりますと、
 最後に強く印象に残るボージョレワイン特有の
 赤い果実の香り! とあります。

 ぜひお試し下さい☆
 




もっとも私もワインに携わる仕事をしていながら、この手のコメントはめっぽう苦手。
芸術家でもなければ、ご存知文才もございません。
詩人のようなロマンチックなフレーズもなく、誰もが体験する、日常にどこにでもある香り。
そこに共感してもらえているのかなと勝手に思っているんですが・・・。


ワインの香りを感じるとき、第一印象が、私達に与えるインパクトは大きいです。


ハイチュウや!だの煎茶だ、キュウリだ、チョコレートだ、なんて感じたままを表現したら、
次に口に入れる時のどんな味なんだろうって、ワクワク、ドキドキが大きくなります。


さぁ、寒い冬ももう終わりです。
外に出て、季節の草花、フルーツに野菜、香りの要素を探しに出掛けましょー!!

 



ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-inoue.jugem.jp/trackback/85