ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

ソムリエとしての本音

ソムリエとしての経験はまだまだ短いですが、ワインに携わる事を職業としてからは
すでに20年以上がたちます。ワインを生業にしている為か、
時折ワインの楽しさを忘れそうになる事があります。

もっともっと、知識をつけなければ・・・
もっともっと、色んなワインを飲まなければ・・・
もっともっと、経験を積まなければ・・・

職業なんだから、当たり前やろ!と、お叱りをうけそうですが。

でも最近、ふと感じました。
知る楽しみ、飲む楽しみ、感じる楽しみ。ワインって計り知れない楽しみがある事を。


先日、ソムリエ仲間が働くフランス料理店に行きましたら、
コース料理と共に、それに合わせたグラスワインを一杯ずつ出してくれました。

「シャンパンのイースト香とパンの香ばしさ、きのこの香りを楽しんでね。」とか
「このワインはオーストラリアのワイン業界を救った人が造ったワインですよ。」とか、
「ちょっと高級感のあるアリゴテ(ブルゴーニュ地方のブドウ品種)でしょう。」とか、 

先輩の説明に、うんうんと頷きながら、
素直な気持ちで美味しい美味しいと言いながら時間を過ごしました。

そして何故かそこに「大人のポッキー」があって、
くんくんと香りを嗅ぎ(何でも臭いを嗅ぐのは職業病です)
「普通のポッキーと何が違うんやろ」と言いましたら、「普通のポッキー」も買ってきてくれ、
唎きポッキーまで始まりました。  

すみません、これは余談でした。



家に帰って、今日飲んだワイン美味しかったなぁと思い出しながら、
あれっ、「もっと、しなければ」ではなく、
「もっと知りたい、もっと色んなワイン飲みんでみたい。」になってる。

もちろん職業としているからには「しなければ」いけない事も、もちろんです。
しかし原点は、楽しむことなんだと。


このコラムを読んでくださってる方は、ワインがお好きな方ばかりだと思います。
もっと知りたいとか、もっと飲みたいとか、度が過ぎてワインに疲れてしまった事はないですか?
(飲み過ぎて二日酔いと言う事ではないですよ。)
そういう時は、最初に、只々旨い旨いと楽しい時間を過ごした事を思い出してください。


そして、人それぞれの楽しみ方があります。
知人が言っておりました。どんなに安いワインであろうが、赤だろうが白だろうが、
全てのワインをデキャンタージュして飲む方が美味しいんだと。
それを人に話すと、そんなのしなくていいと言われると嘆いていました。

全く否定するものではないですよね。だって、その人の飲み方、楽しみ方なんですから。


私は小さい頃から、551の豚まんには、マヨネーズとケチャップを混ぜたものをつけて食べておりました。
それを言うと、そんなの聞いたことがないと驚かれますが、
私の実家ではそれが普通で、これが美味しいんです。、
大人になってからは、からし派ですが、時々懐かしくマヨケチャやってしまいます。
からしの食べれない子供に対しての母の愛情だったんですかね・・・ 。


ビストロ・ダ・アンジュでは、毎月2回ワイン会を開催しています
その時々のテーマに沿ったコース料理と、
それぞれに合わせたグラスワインを数種ご用意いたしております。

もっと知りたい、もっと飲みたい、もっとワインを楽しみたいという方、是非一度足を運んでください。

     
「赤ワインの世界」ではフランスの色んな地方、
品種を楽しんでいただきました。
   

「牡蠣とワインのマリアージュ」
定番のシャンパーニュシャブリから
調理法に合わせて赤ワインも。


そして、3月からは春の食材に合わせたグラスワインも多数ご用意しております。
その他にも、皆さんがこんなワイン、グラスで一杯飲みたいというご要望があれば、
スタッフにどうぞお申し付けください。リスト以外のワインでもお出しさせて頂きます。

フレッシュ&フルーティーな白から、濃厚赤ワインも。
初入荷、コルシカ島のワインも!


一雨ごとに暖かくなり、日差しにも暖かさを感じられるようになりました。
4月になるとビストロ・ダ・アンジュにも新しいスタッフが入ってきます。
新人からも学ぶことがたくさんあります。

    原点に帰る。  大事ですね。

さぁ、寒さもあと一息。どうぞステキな春をお迎え下さい。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

 

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-inoue.jugem.jp/trackback/86