ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

ゴールデンウィーク前の Special 1 Day

皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?
今年は9連休なんて方も!!海外に行かれて、現地の美味しいワインをたらふく飲んで
こられた方もいらっしゃるのでは??

もちろん私達飲食店は、超多忙な一週間なわけで、羨ましい限りでございます。

そんな中、私が勤めるビストロ・ダ・アンジュに、フランスからシャンパンの生産者、
バルビエ・ルーヴェより、ドゥニ、セリーヌ夫妻が来店してくれました。

バルビエ・ルーヴェ家は、シャンパンを造り始めてからすでに6代目。
家族経営の小さな生産者で、ブドウの栽培から醸造まで全てを行っている
RM(レコルタン・マニピュラン)です。
セリーヌは6代目の現当主で、女性醸造家でもあります。


そんなセリーヌがシャンパンの説明をしてくれている間に、時折ご主人とアイコンタクトをして、
すると、ドゥニが「それでいいよ」みたいな感じで、ウンウンと頷いたり、時々一緒にお話してくれたり、
てっきりご主人もシャンパン造りに携わっているものだと思っていたら、
何と、ふつうのサラリーマンだと言うじゃないですか! さすがフランス人です。

子供の頃からワインを飲んだり(水で薄めたりしながら)、日常的にワインにたずさわっていると、
普通にワインのことを語れるんだなぁと、歴史や文化の違いというものを感じ、驚きました。

家族の仕事に付いて行って、一緒に営業するって、なかなか出来ないですよ!

     

私のお店では、フレンチポップスやシャンソンなど、CMやドラマで使われている
日本人でも耳馴染みのある曲をBGMで流しているんですが、
彼らにとっては懐メロのようなものらしく、「すっごい懐かしいけど、もともとこの曲を歌ってる人達は
もう誰もこの世にはいてないで。」と言いながら、イントロが流れると、
テーブルを叩いて、ピンポ〜ン!「この曲は〇〇や!」と(もちろん関西弁で喋ってはおりません)
ドレミファ・ドンが始まりました。(ご存知ではない方、昔やってた音楽系クイズ番組で
イントロを聞いて、楽曲を当てるというやつです。)

そのうち、お二人が腕を組んで体を揺らしながら大声で歌い出すと、お客様たちも歌いだしたりして・・・
フランスのレストランではこんな事も日常的にあるんだろうなぁ、なんて思いながら
シャンパンのお話はもちろん、大統領選の話まで、非日常的な時間を過ごしました。


この日のシャンパンは4種類で、シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン 1er。
特級畑のブドウのみを使った、プレステージG.C.。
そしてブドウの出来の良い年にのみ造られる2010ミレジム。
苺の香りが華やかなロゼG.C.。 前菜からデザートまで合わせられる
ラインナップにテンションも上がります。

 

仕事中ではありますが、ご夫妻やお客様と乾杯しながら、少しずつそれらのシャンパンを
頂きましたが、やっぱりシャンパンって特別ですね。
体に染みわたり、その味わいと、その日過ごした時間、そして人と人とのつながりを
最高のものに演出してくれたバルビエ・ルーベのシャンパンの余韻に浸りながら
ゴールデンウィーク前に少しフランスを感じ、現実逃避することが出来ました。

さぁ、ゴールデンウィークが終わり、このコラムがUPされる頃には、
フランス大統領も決定していることでしょう。
この世の行く末を考えると、また現実に戻ってしまいますが、
そんな時は、シャンパンを飲んで、いい夢見ましょう。。。

 さぁ今夜も "A votre sant!"


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/88