ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

〜 Le Quatorze Juillet〜

今年も、早くも半分が過ぎてしまいました。
梅雨もあったのか、なかったのか分からないまま、
通勤時は日陰を探しながら歩きたくなる様な暑さになってきましたね。   

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、7月14日はフランス革命記念日です。
フランスの各地で、パレードや航空ショーなどが催され、全国でお祭りが行われています。

日本では「パリ祭」の名前で知られており、シャンソンのコンサートや
レストランでは様々なイベントが行われています。

と、ここで少し歴史のお勉強を・・・

1789年7月14日に、パリ市民が、バスチーユ牢獄を攻撃し、
中にいた囚人を解放した日が革命の始まりとされています。

国王ルイ16世、王妃マリー・アントワネットが処刑され、
その後テルミドールの反動によりナポレオンが台頭。領土を広げますが、ロシア遠征の失敗から失脚。
ルイ18世が王政復古をして革命は終りを告げました。(だいぶ省略しております。)
この革命は、市民階級の力を誇示するものとなり、絶対君主制から民主主義社会へ移行する
先導の役割をはたしました。




と、世界の歴史的にも重要な日なのですが、フランス料理やワインといった食文化においても
フランス革命は大きな影響を与えました。
王侯貴族に仕えた一流の料理人、菓子職人、給士係は職を失い、町に出ることを余儀なくされます。
彼らは、当時誕生しつつあったレストランで働くようになり、
この出来事が、フランス料理の新時代の幕開けとなります。

革命以前より、王侯貴族たちは、美食を競い合い、すぐれた料理人を抱えることに熱心で、
フランスは美食の国として知られていました。

しかし、彼らの饗宴は幾重もの厚いカーテンにさえぎられ、市民には想像のすべもありません。
彼らは、このような時代のパリ市民に、本当の美食の実態を開示しました。
この時期にフランスにおいて「食べる」ということが、「文化」として発展していきます。
また、ソムリエという職業もこの時に誕生しました。





一方、各地のぶどう畑は、それまで小作人であった農民に分配されました。
このため、畑は小さく分割されることになりましたが、その後資本家が、
それらの畑を再び買い上げ、大きな単位にまとめたのが、現在のボルドー地方です。

そして、農民に分配され、更にその子孫に受け継がれ、場合によっては、
更に小さな単位に分割されたのがブルゴーニュ地方です。

現在のボルドー地方のシャトーが大規模な畑を持ち、安定した品質のワインを出荷するのに対して
ブルゴーニュはドメーヌという農家単位でそれぞれのワインを製造、出荷し、
同じ村でも味わいの違うワインが造られるため、畑の単位で格付けがなされているという違いは
主に、このフランス革命以降の経緯によるものなのです。
  

 

また、中世では色の薄い赤ワインが愛飲されていました。
ボルドーでは、赤ワインに白ワインを混ぜて薄めたものもありました。
今日の高級シャトーのしっかりとしたワインが出てくるのも、このフランス革命以後のことなのです。


と、 ひとまず歴史のおさらいをしたら、人ごみの中、花火を見て心洗われるもよし、
冷房の効いた部屋でしみじみと一杯やるもよし。 思う存分、夏を楽しみましょう!


突然ですが、このフランス革命記念日の少し後から、私、フランスに行くことになりました。
6日間の強行日程ではありますが、皆様のワインライフが益々楽しくなる様
お手伝いをさせて頂くべく、現地の情報、ネタを持って帰りたいと思っております。
お店の方も一週間ほど留守に致しますが、どうぞよろしくお願いします。

À bientôt!  また近いうちにお会いしましょう!    フランス語と格闘中です・・・。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/90