ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

シェフの3つのスーツケース

10月初旬、ビストロ・ダ・アンジュでは毎年恒例となっております、
フランスからパトリック・テリアンシェフを招いての料理フェアを開催しておりました。
たくさんのお客様にお越しいただき、いつもに増して活気のある店内で、
私にとってこの一週間は、一年で最もハードで、そして最も楽しく充実した時間でした。

一年に一度、フランス人シェフとの交流は、「ビストロ・ダ・アンジュ」が
ビストロ・ダ・アンジュ」で在り続けるための大切な期間ででもあります。

クラシックなビストロ料理に今のフランス、パリ、の新しい技術や見せ方、
そして高いワインだけが美味しいワインではない、
リーズナブルでも料理との合わせ方で、こんなにも美味しく感じさせてくれる

潜在的にもっているワインとのマリアージュ。
そして、周りの人をいつも楽しくさせてくれるサービス精神、おもてなしの心。
いわゆるフランスの魂=エスプリを体感することが出来ました。

フランス料理だけを提供するだけでなく、フランスの文化、魂を発信できるお店として
お客様に、よりフランスを感じ楽しんでいただきたいと、心新たにしております。

今年送られてきたレシピは
全てフランス語!
辞書と格闘です!


そして最終日には一緒にワイン会をさせていただきました。
今年は間際にワイン会の特別メニューのレシピがメールで届き、
キッチンスタッフも私も食材や、それに合わせたワインの仕入れに大慌てでしたが、
ワクワク感と楽しみも倍増です。

乾杯はビストロ・ダ・アンジュのフラッグシップ、ルネ・ジョリーより、RJ・スペシャルキュベ
イベントを盛り上げてくれる事間違いなしのマグナムボトルを。
泡がワインに溶け込んで、クリーミーかつボリュームもしっかり、
シェフからの最初の一皿、パプリカのバヴァロワと。



鯛とサーモンをスモークし、レモンの泡でアクセントをつけた前菜は、
柑橘の香りと、爽快な酸味と苦味のバランスが良いサンセールを。
フランスの庭園を思わせる盛り付けとサンセール、シェフの出身地ロワールの情景が目に浮かびます。
今も時折ロワールの実家に帰って庭仕事をしているそうですよ。


海老と帆立のポワレ、マンゴーとオレンジのソース。
ワインは南仏のシャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、ヴィオニエをブレンドした
ドメーヌ・オー・ブランヴィユのスペシャルキュベ
「これはいいね!!」とお墨付きも頂いた、最高のマリアージュ。




そしてメインは、シェフがフランスから持参した干し草で燻した仔羊のロースト。
シェフ自ら、皆様の前でデクパージュしてくれました。

それに合わせたワインもシェフ持参、南仏のフォジェールの赤。
果実味いっぱいで、スパイシーさと酸味がキリッと引き締める、
今年は6本もトランクにつめてきてくれました。


大きなスーツケースを3つ持って来たそうで、その中には食材やワイン、
そしてシェフの思いがたくさん詰め込まれていたんだと思うと、
毎年のことながら感謝の思いでいっぱいです。



今年もシェフからのメッセージ。

私達と一緒に、ガストロノミーとフランスの食文化を楽しみに来てください!!
パトリック・テリアン
 


食事とグラス一杯のワイン、それだけでも充分にフランスの文化を感じる事ができるかも!
11月はボージョレー・ヌーヴォーも解禁されます。収穫祭の意味もあり、
今年も無事にワインが出来た感謝のお祭です。また賑やかになりそうですね。

そして今月はキッチンスタッフがフランスに食べ歩きの研修に行ってまいります。
現在のパリのビストロ料理をたくさん見て食べて、
益々フランスの食文化をお伝えすることが出来ると思います。

難しいことは言いません!
美味しいフランス料理とフランスワインでワイワイと楽しい時間を過ごしてください!!


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/94