ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

牡蠣とシャブリ

寒さがまだまだ厳しい季節、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は、この厳しい寒さと眠気と毎日戦っております。
寒いと眠いと言っているのは私だけではないのではないでしょうか???
冬眠するんじゃなかろうかと心配でなりませんが、そうも言っておられませんので
なんとか必死で体を動かしてスイッチを "オン" にしております。


さてさて、牡蠣の美味しい季節です。フランスでは一年を通して食べられる国民食。
一人1ダースを食べるのは当たり前で、カフェやブラッスリーで白ワインを片手に
「プラトー・ド・フリュイドメール」を囲む姿はよく見る光景。


   


今でこそ和食や寿司が世界で知られる様になり、生魚が食べられる様になりましたが
ほとんど生で食べる習慣がなかった時代から牡蠣だけは「生」で食べられていました。

そしてワイン好きの方なら一度は聞いた事のある「生牡蠣にはシャブリ
「シャブリ」はブルゴーニュ地方の最北にあるシャブリ地区のシャルドネで造られたワインで

大昔は海の底でたくさんの貝殻が埋まっていてその中には牡蠣の化石が多く残っています。
海や貝のミネラルをたくさん含んだ土壌から造られるワイン。
相性の基本は、食材とワインの共通点を探すことにありますが、
海のミネラルの塊である牡蠣との相性は間違いないということ。
 


そして、もう一つはワインに含まれる「リンゴ酸」。これはりんごに含まれる酸で、
爽やかな風味とキレの良い酸味が特徴。生牡蠣にレモン、
生牡蠣に酸味のあるワインも納得の理由。

そして「リンゴ酸」は牡蠣に含まれるカルシウムの吸収もよくしてくれます。
さらに、海から上がったばかりの牡蠣は雑菌も多いはず。
酸の強い白ワインは殺菌作用もあるのです。


揚げ物にキャベツ、カレーにらっきょう、刺身や寿司にはガリとワサビなど
定番の組み合わせも、ただ美味しいだけじゃなく、消化吸収や殺菌効果など
ちゃんと理にかなってるんだと思うと、
人間って潜在的に体に良い組み合わせをしてきたんだと感心させられます。
 

  
中世に描かれた絵画
「牡蠣の食事」


でもでも、やっぱり牡蠣も赤ワインで頂きたいわ、という赤派の方、
赤ワイン=ボルドー。そして牡蠣=ボルドーなのです。
フランスの大西洋岸にあるアルカッションは牡蠣の一大産地。
そう、それがボルドーにあるのです。

地元の赤ワインで牡蠣を食べたいボルドー人が生み出した、ボルドー流の食べ方が
「生牡蠣とソーセージ」 それにバターをいっぱい塗ったパンも口に入れ赤ワインを飲むのだそう。

なんと贅沢な!! 「牛肉のステーキと牡蠣のクリーム煮」もフランスの定番料理。
果実味いっぱいの赤ワインと是非合わせてみて下さい!


冬は食生活によって体調を崩すことが多い季節です。
美味しいもの、食べ合わせの良いものをしっかりとって暖かくなるのを待ちたいと思います。
とはいえ、食べ過ぎ飲みすぎにはお互い注意しましょう。


ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://qualite-inoue.jugem.jp/trackback/97