ソムリエール川西のワインにまつわるエトセトラ | Qualiter Letter

バイプレイヤー

お花見をする間もなく桜の花も散ってしまい、あっという間に春が通り過ぎてしまいました。
春の名残を感じるのは鼻のむず痒さだけです。   皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、ここ数年パリで話題なのが「ネオ・ビストロ」と呼ばれているお店。
元々「ビストロ」というのは地方の出身者がパリに出稼ぎに来て食堂を開き、
奥さんが料理を作って、ご主人がサービスをするというような家庭的で素朴なものでした。

定食屋とか食堂、居酒屋など正確な定義付けは難しいですが、
シンプルで安くて旨い料理とワインを出し、アットファームな雰囲気のお店なのです。
「日常使いの定食屋」とは少し違う「高品質で手頃な価格のレストラン」というのが
「ネオ・ビストロ」と言いましょうか。
星付きの高級レストランやホテルで修行を積んだシェフたちが今独立して
このようなスタイルのレストランを出すのが主流なんです。

フランスにおいて料理は国の芸術なんだと思います。
一流の料理人としてガストロノミー(美食学)を目指す人たちは高級ホテル、
レストランで修行をし独立したならば最初に目指すのは星の獲得といっても過言ではないと思います。そういった目指す道を自ら降りて、その道以外にもガストロノミーがあるのを
証明してくれているんだとも思います。


数年前に最新の技術やテクノロジーを駆使した料理が話題になった時代がありました。
料理の世界もまた新たな革新が起きたとも思いましたが、価格も高沸し予約も取れないとなると
どうも現実離れしすぎて、私達一般庶民には手が届かないものになりましたよね。

そんな中で彼らは"競争するための料理"ではなく
"食べる人のための料理"を目指したんだと思います。

そしてそんな料理を引き立てるのがワインだと思っています。
あくまでも料理の脇役として料理に寄り添い料理を引き立たせ、
その場を盛り上げてくれるもの。まさにバイプレイヤーなんだと。
また、ワインにはボルドーやブルゴーニュといった主役級が君臨していますがマイナーな地方、
マイナー品種もいい味を出してくれます。


フランスはアルザス地方のピノ・ブランは豊かな果実味と爽やかな酸味が口いっぱいに広がり
一本飲み干した後はしみじみと今日飲んだワイン美味しかったなぁと思わせてくれます。
パテやハム、ソーセージ、チーズなどビストロ料理にしっかりと寄り添ってくれます。
--------------------------------------------------


ロワール地方はサンセール。グレープフルーツのような酸味や苦味を思わせるジューシーな味わい。
スモークサーモンや鰆、貝類、アスパラガスのような春の食材を一層引き立たせてくれます。

--------------------------------------------------


250年前まではイタリア領にありフランス領に返還された後数ヵ月後にナポレオンが生まれたという
地中海に浮かぶコルシカ島。南国らしい豊富な果実味を持ちながら穏やかな渋味とまろやかな酸味が
料理を食べ終わった後もずっと飲んでいたいワイン。クロ・ヴェンチュリ・ルージュ。
  
--------------------------------------------------



私が勤めるビストロ・ダ・アンジュは今春46周年を迎えました。
自分が勤めるお店のことながらこの時代に、
同じ場所で同じ業態でずっとお店を続けているという事はほんとにすごい事なんだと
あらためて感じています。これも一重に、アンジュに来てくださり

暖かく見守ってくださった皆様、時には本音で厳しいことを言ってくださる皆様に
ここまで育てていただいたと思っております。
本当にありがとうございます。

ビストロ・ダ・アンジュが繋いでくれる良縁を大切にし、味わいや料理との相性もそうですが
生産者の想いや情熱、美味しいワイン、おもしろいワインを伝え、紹介し、
皆様のワインライフがより美味しく、楽しい時間を過ごして頂けるようお手伝いするべく、
ソムリエとしての名バイプレイヤーに、
そして厳しい時代ではありますが、変化するビストロ・ダ・アンジュではなく
進化するビストロ・ダ・アンジュでありたいと思っております。


どうぞ47年目のビストロ・ダ・アンジュをよろしくお願いいたします。



ビストロ・ダ・アンジュ ソムリエール  川西幸代

JUGEMテーマ:ワイン

comments










trackback

trackback URL
http://wine.qualite.ciao.jp/trackback/99